学年最下位の私が管理栄養士の試験に合格できた理由

栄養士

毎年3月に管理栄養士の国家試験がありますね。

私は4年制の管理栄養学科に通っており、最終的には管理栄養士の試験に合格することができました。

『成績が悪かった私がなぜ管理栄養士になれたのか』

『管理栄養士の試験合格までに何を行ったのか』

受験生の皆さんに是非オススメしたい方法があるので紹介します。

勉強

4年生の冬までは本当に勉強していなかった

大学に通っていた時はバイトに明け暮れ授業はほとんど睡眠授業でした。

将来就職する時には管理栄養士として就職しないと思っていたので、

試験へのモチベーションもどん底の状態でした。

そんな中勉強をする気になんて全くなれない状態でした。

けど、大学側は、試験の合格率を高く公表するために勉強をするように促してくる状態でした。(当然だと思いますが)

模擬試験の結果が最下位

やる気がない私が模擬試験を受けた結果学年110人中最下位という成績を取っていました笑。

そりゃあもちろん授業もちゃんと受けてないし、勉強をしていない私が好成績なんて望めるはずがないのですが。

頭が良いわけでもないですし。

けどまさか最下位だとは思っておらず、結構へこみました。

この時がだいたい4年の半ば辺りだったと記憶しています。

けど4年生って就職活動もあるし試験の勉強はやっている暇なくない?

と思ってずっと放置していました。

先生から呼び出しをくらう

OGの先輩がゼミの教授の補佐として働いていたのですが、

年も近かったため結構仲良くしてもらっていました。

教授に言われたようで、その先輩に呼び出しをくらい

「このままではヤバイヨ」

というお言葉をいただきました。

その時に教えてもらった勉強方法で私は合格までたどりつくことができました。

合格するまで行った勉強方法

私が合格まで行った方法としては、

『過去5年間の過去問をひたすら解きまくる』

ひたすらに過去問を解いては採点して、間違った問題は回答を確認して復習を行っていました。

この過去5年間の過去問を3周くらい解きまくりました。

それだけで合格までたどりつくことができました。

結局私が本気で勉強を始めたのが1月からだったので、3か月間真剣に勉強を行うことで見事に合格することができました。

野菜

あきらめなければなんとかなる

最後まであきらめずに頑張れば結構なんとかなります。

私みたいにギリギリまで粘って焦って勉強を始める人は少ないかもしれないですが、

みんながコツコツ頑張ってきたことを信じて試験に挑めば

きっと『合格』をとることができると思います!!

 

以上私の体験談でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です