白い服にはTシャツブラ!オススメしたい3つの理由

Tシャツブラ

こんにちは。yosanです。

今回はTシャツブラについて説明していきたいと思います。

皆さんは今まで「白い服を着る時って下着ってどうしたら良いんだろう」とか、「結婚式のお呼ばれのドレスを着る時肩が出る服着るんだけど下着どうしよう」等、悩んだことはありませんか。
私も、夏は特になのですが白いTシャツをよく着るので過去に悩んだことがあります。
どんな服を着るにも必ず下着は着用する必要があるので、どんな物を着けるべきなのか悩みますよね。
そんな時にオススメな物が『Tシャツブラ』になります。
Tシャツブラの特徴を兼ねてオススメ理由を紹介していきたいと思います。

Tシャツブラ

オススメ理由1 Tシャツブラは外にレースが響かない

まずオススメしたい理由の1つとしては、Tシャツブラはカップの部分がシームレスになっているので、Tシャツを着ても表にレースが響かないんです。
どうしてもレースがある物を着けていると服にレースのデコボコが響いてしまいます。
レースが表に響くのは大変不格好ですよね。
そんな時にこの『Tシャツブラ』はオススメです。

シームレスとは
継ぎ目や縫い目がないという意味になります。 裏地や縁の縫いしろがないために、薄手の下着でも継ぎ目が目立ちにくく下着のラインがアウターに響かない物。

オススメ理由2 Tシャツブラは外に色が響かない


続いて2つ目の理由としては、響かない色で作られている点です。いろんなメーカーがTシャツブラを出しているのですが、基本的にどのメーカーも一番使いやすい色味である「黒」や「ベージュ」で作られていることがほとんどです。

関連記事でも書いたのですが、そうは言ってもベージュって薄い色味だと白いTシャツを着ても色味が響いてしまいます。
段差の画像 【背中の食い込みが気になる季節】夏に向けてブラジャーを選ぶ3つのポイント

メーカによってもベージュの色味は異なってくるのですが、自分の肌にあった自分の肌よりも濃いめのベージュを選ぶと、色味の響きがほとんどないです。
自分の肌にあったTシャツブラの色味を見つけたいですね。

オススメ理由3 Tシャツブラは肩紐が外せる

Tシャツブラは肩紐が外せる物がほとんどです。(商品によっては外せない物もあるみたいなので、購入前は事前にチェックが必要です)
アンダーバストの部分がしっかりしている為、肩紐を外して使うことができます。
商品によるのですが、肩紐を外してもズレないようにアンダーバストの部分に工夫が凝らしてあります。例えば剥ぎを増やしてズレ防止策が練られていたり、幅を広くしてズレないように工夫をしたり。メーカーによってもそれぞれ特徴が異なってくるので、自分の身体にあった物を選んでください。
ブラジャーの画像 【8割の人が間違っている!?】ブラジャーの正しい選び方について

上記の記事でも紹介しておりますが、やはり試着をして体に合った物を使用するのが一番良いです。色味についても同様で肌に合わせてみないと自分の肌に合うのがどの色味なのかが意外に分からなかったりします。

Tシャツブラは1人1つは持っておきたい

以上がTシャツブラの特徴になります。
肩紐が外せるタイプは1人1つは持っておきたいですね。最近の流行では肩の部分がレースになっている服が流行っているのでそんな時に「サッ」と肩紐を外して使うことができます。

また、薄着の季節等は1つ持っておくと重宝します。
意外にレースが控えめなブラジャーでもやはり響いてしまいます。販売員で働いていた時は、ブラジャーを売るのが仕事だったので、セットのキャミソールを進めたり、「肌着を1枚着ると響きにくいですよ」と言って単価が高い通常のブラジャーを進めていましたが、確かに響きにくくはなるんですが、全く響かない訳ではないんです。『絶対レースを外に響かせたくない』という方は断然Tシャツブラをオススメします。肌着着ても響く時は響きますからね。
肌着を着ると汗を吸ってくれるというメリットはありますが。

【番外編】胸が小さい人にもオススメ

オススメのポイントではないのですが、Tシャツブラは胸が小さい人にもオススメになります。理由としてはTシャツブラはカップの部分がしっかりしているので、通常のブラジャーと違って肌にフィットするというよりは、カップの形をそのままにして着用する状態となります。
その為胸が小さい人が着用するとブラジャーのカップの形が不自然なく綺麗に高さが出るので胸が小さい人にもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です