【背中の食い込みが気になる季節】夏に向けてブラジャーを選ぶ3つのポイント

段差の画像

こんにちは。yosanです。
6月に入って大分暑くなってきましたね。
私はすでに外でも中でも半袖で過ごしています。

ところで、夏といえば、海に花火にキャンプに楽しいイベントがたくさんありますよね。

楽しいイベントにはオシャレをして出かけたいですよね。
しかし夏って暑いから薄着になりますよね。
薄着になると特にブラジャーの色が透けて見えたり、ブラジャーと肉が段差になっているのが、服の上から見えることってないですか。
特に年齢が上がっていくと肉質が柔らかくなっていくので、肉とブラジャーの段差は目立ってくるのではないでしょうか。

そこで今回夏にブラジャーを選ぶポイントをまとめてみました。

肉が段差にならないブラジャーを選ぶポイント

透け感

まず第一に正しいサイズを着けることが一番になります。
正しいブラジャーの選び方について記事をまとめているので、是非ご覧ください。

ブラジャーの画像【8割の人が間違っている!?】ブラジャーの正しい選び方について

そうはいってもサイズを正しく着けていても段差が気になることがありますよね。
冒頭でも触れましたが、女性の身体は年齢とともに肉質が柔らかくなってしまうのである程度は致し方ないこと・・・。

しかし、そんな場合にオススメポイントが3つありますので、ご紹介していきますね。

ポイント1 後ろのホックの数が多い物を選びましょう

通常、ホックの数は2段もしくは1段の物があります。
その中でも3段ホックの物の方が身体にかかる圧が分散されるので、段差ができにくくなります。ホックの数はサイズや種類によって変わってくるので、ホックの数が多い物、もしくはアンダーの幅が広い物を中心的に探していきましょう。

ポイント2 アンダー部分がフラット仕様になっている物を選びましょう

アンダーの部分は通常バストを支えるためにしっかりとした作りになっているものが多いです。基本的には折り返しテープが上下の内側に縫われています。しかし、その作りになると、身体に圧がかかってお肉の段差ができやすくなってしまいます。
なのでオススメな作りとしてはアンダーの部分が一枚布でできたフラットな仕様の物を選びましょう。
この切りっぱなしの作りを選ぶことで段差ができにくくなります。

ポイント3 ホックの位置を調整しよう

通常ブラジャーはホックを留める位置が3箇所あります。
今まで留めていた位置よりも外側に留めることで、アンダーの部分が緩くなり段差軽減につながります。
または、アンダーバストが中間サイズであれば1つ大きい方を選んでみるのも一つの手です。例えば、実際のアンダーが『73センチ』であれば、アンダーが『75』のサイズを選んでみるとか。

いくつか方法はあるので自分に合った方法を試してください。

注意点
ブラジャーの選び方の記事でも紹介したのですが、ブラジャーを選ぶ時は試着を絶対した方が良いので、その際にサイズが問題ないのか確認をした方が良いです。

 

夏のブラジャーのカラー選びのポイント

夏は暑いからブラジャーの上に直接服を着ることって多いですよね。
しかも夏って白色の服を着ることって多くないでしょうか。
私は夏はよく白Tシャツにジーパンというスタイルで過ごしています。
その時にどうしても色が明るい下着を着けると色が透けてしまいます。
ブラジャーの色が透けないように色を選ぶ時はベージュを選択される方が多いのではないでしょうか。

下着って見えないところでオシャレができるから楽しめる物ですよね。そこでベージュだとテンションも下がるし、デートの時にベージュなんて絶対嫌ですよね。

しかも確かにベージュは肌の色に近いので、透けにくくなるのですが、ベーシュの色味によっては逆に透けて見える場合があるんですよ。

ベーシュだったらなんでも安心っていう訳ではないのです。
ここで私がオススメするカラーは『こげ茶』と『ボルドー』になります。

自分の肌より若干濃い色の方が意外と透けないのです。

もしベージュを選択するのであれば濃いめのベージュを選ぶことをオススメします。
自分の肌より薄い色を付けるとめちゃくちゃ透けます。
白いTシャツを着るからって白いブラジャーを着けるとくっきり透けてしまいます。

こげ茶色ボルドーだったら白いTシャツから透けにくいし、下着の肩紐が見えても下着感が出なくて本当にオススメです。

夏のブラジャーの素材選びのポイント

続いて素材の選び方をご紹介いたします。
服を選ぶ時に身体のラインが出る物を選ばれることってありますよね。その時の選ぶものとしてはやはりレース素材ではなく『ノンレース』のものになります。
やはりレースがあると、服にデコボコが浮き出てきてしまいます。
レースが気にならない方は良いかと思うのですが、個人的には不格好だと思うのでオススメしません。

素材ではないのですが、シームレスのブラジャーは形があまり出ないので、オススメです。

シームレスとは
継ぎ接ぎがほとんどないツルっとした物になります
接触冷感
夏になると各社からいろんなブラジャーが発売されますよね。その中でも夏用の素材として接触冷感の素材の物が発売されています。暑い夏を涼しく過ごすことができるので、オススメです。そうはいっても接触冷感なので、触れた時は冷たく感じるけど、ずっと着けていたらあまり変わらないです。ただ夏用に作られた物はメッシュ素材だったり通気性が良い素材が使われているので、よく汗をかく夏はオススメです。

 

以上が夏のブラジャーを選ぶ際のポイントになります。
今年も暑くなりそうですが、頑張って乗り切っていきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です