結婚した時の必要な事務手続き攻略法

結婚関連の画像

こんにちは。結婚1年を迎えるyosanです。

結婚をする方、はたまた結婚をしようと考えている方。
「実際どんな手続きが必要なの?」
このように思われる方は多いと思います。

私も結婚した時に何をしたら良いのか全く分からない状態でした。
何が必要なのか、そもそも何から手を付けたらよいのか本当にわからなかったです。

私が実際に結婚する時に何が必要なのか分からなくていろいろ調べたので
結婚したら何をしないといけないのかをまとめてみました。
是非お役立て下さい。

婚姻届けの提出

婚姻届出書

提出日を決定する

まず始めに役所に婚姻届けを提出する必要があります。
基本的には婚姻届けの提出した日が結婚記念日になるので何日に提出するかを決める必要があります。
ずっと続く『結婚記念日』になる大事な日なので、ここは慎重に決めていきたいですね。
ちなみに私は付き合った日を結婚記念日としたかったので、その日を結婚記念日にしました。プロポーズから1年と2か月後に結婚しました。他の方と比べると大分遅かったと思います笑。

役所が開いているか確認する

土日だったら役所が休みの場合があるので事前に必ず調べておく必要があります。
私は市役所が休みだったので、近くの市民センターへ行きました。

必要な書類(物)を確認する

皆様ご存知の『婚姻届』。しかし姻届けだけあっても結婚はできないのです。
それ以外に必要な書類はいくつかあります。

  1. 夫または妻の本籍が婚姻届けの役所にないときはその戸籍謄本
  2. 提出する2人の印鑑
  3. (加入者のみ)国民健康保険証
  4. 提出する2人の本人確認ができる書類(運転免許証等)

が必要になります。

婚姻届けをもらいにいく

提出日がきまったら後は準備に入ります。
婚姻届けは必ず余分にもらっておいてください。間違える可能性が多いにあります!
私は4回書きました…
知り合いは役所が2枚しかくれなかったらしく、書き損じたということで、市役所に追加でもらいに行っていました。

証人を決める

これは親や学校の先生等成人していれば誰でも問題ありません。
証人になってもらいたい方が遠方に住んでいる場合は郵送での記入をしてもらう必要があります。
またアポが必要な方は事前にお伺いを立てたりする必要があります。
私は、親が遠方だったので郵送で行いました。

婚姻届けを書く

まずは証人の方が間違っても良いように複数枚お二人の部分を書いたものを用意をしておきましょう。
お二人が記入後証人の方に書いてもらうように依頼をしましょう。
特にルールはないのですが、マナーは大事です!

必要な書類を集める

上記に記載されている必要な物を集める必要があります。
特に戸籍謄本が必要な場合は時間に余裕をもって行動しましょう。県外だと取り寄せるのに時間がかかります。

婚姻届けの提出

おめでとうございます♪2人は晴れて夫婦になりました!
役所の込み具合にもよりますが、私は1時間もしない内に手続き終了しました。

名義変更の手続きと合わせて
婚姻届けを提出する際に名義変更の手続きと合わせて行うと役所に行く回数が軽減されるので、事前準備は必ず必須です!

名義変更の手続き

スケジュール帳

結婚したら名前が変わります。名前が変わったら何をしなければいけないかというと、名義変更の手続きが必要になります。
いつかは必ず変更しなければいけない日が来るのでまとめてすべて変更した方が今後の自分の為です。
ちなみに私は後回しにしていま大変な状態です。どれを変更してどれを変更していないのか分からなくなってしまっています。しかも変更手続きがまた面倒くさいんですよ。

変更が必要な物をピックアップ

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 国民健康保険・年金
  • クレジットカード
  • 銀行口座
  • (加入している場合)生命保険・損害保険
  • 電気・ガス・水道
  • スマホ
  • 会社へ提出する書類
  • パスポート
    ※人によって名義変更が必要な物が変わってきます

変更する上で必要な書類を確認してまとめる

基本的に名義変更の場合は「本当にその名義なの?」を証明する為に住民票等の証明書の提出が必要になります。
普段平日は仕事で、平日の休みが1日しか取れない方は必ず変更に必要な書類の種類を確認しておいてください。
まずは役所へ
マイナンバーカード、国民健康保険・年金の手続きを終わらせる。
変更が必要な物を変更する際に必要な書類を全て用意する。
住民票の写しがたくさん必要になります。

運転免許証の変更

持っている方は役所の手続きが終わったら運転免許証の変更をしてください。
住民票の写し(本籍・国籍、氏名、住所)が必要になります。
運転免許証は他の名義変更する場合にも必要になる場合があるので、優先的に変更してください。

新しい氏名の印鑑を用意する
銀行口座の変更をする場合に新しい印鑑が必要になります。
口座の変更を行う場合は必ず新しい印鑑を用意した状態で変更に向かってください。

後はそれぞれの手続きに沿って変更手続きを行っていきましょう。

大事なこと

調べる機会

全体を通して大事なことはスケジュール管理と下準備です。
何日までに何を行うか決めることで目標ができメリハリが付きます。
また下準備としては何が必要なのかを事前に調べることで無駄な行動がなくなります。
(住民票を取得する為に何度も役所に足を運んだりなど…)

手続きが多くて大変でしすが、変更後は引っ越し等ない限りは当分何もしなくても良いので安心してください。
新婚生活楽しんでくださいね♪

読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です